ミャンマーの幻の世界遺産バガン

軍事政権から民主化されたことで、ミャンマーは日本にとって身近な国になりました。 ビジネスの分野では将来有望な国の一つとして注目されており、日本だけではなく欧米からも早速ビジネスマンが集まっています。 日本人観光客にとっても、ミャンマーには注目すべき観光スポットはいくつもあります。 これまでは訪れる機会がなかった国ですから、今はまだ馴染みが薄くても、将来は観光地としても注目されるかもしれません。 ミャンマーの中央に位置するマンダレー管区にあるバガン遺跡は、そんな注目すべき観光スポットの一つです。 この遺跡はカンボジアのアンコール・ワットやインドネシアのボロブドゥールと並び、世界三大仏教遺跡の一つなのです。 しかしこのバガン遺跡は、同じ世界三大仏教遺跡のアンコール・ワットやボロブドゥールのように、世界遺産に登録されていません。 これだけ世界的にも重要な仏教遺跡なのですから、なぜ登録されていないのか不思議に思うことでしょう。 実は、過去にバガン遺跡を世界遺産に登録しようとする動きはありました。 しかし、そのときのミャンマー政府の最高決定機関が歴史的な価値を無視して修復や周辺を開発をしたために、登録を見送られてしまったのです。 そのためバガン遺跡は、ミャンマーの幻の世界遺産といわれることもあります。 ですが、世界遺産に登録はされていなくても、注目すべき観光スポットであることには変わりありません。 11世紀から建設が始まった建造物、仏教遺跡、点在するアーナンダ寺院やシュエサンドー・パヤーなどの寺院やパゴダを観光すると、悠久の歴史を感じることができます。 白や赤茶色をした色鮮やかな3,000以上の仏塔を見るために、ミャンマーを観光する価値はあるでしょう。 ミャンマーに観光で行くことがあるのなら、必ず訪れておきたい観光スポットです。 ほかにも、ミャンマーにはいくつもの歴史的に価値のある観光スポットはありますから、いずれ観光地としても注目されるでしょう。

お気に入りのサイト


ドバイのホテル予約

高級ホテルひしめくドバイで、ベストなホテル選択

ソウルのホテルを予約

注目のカジノありホテルも一覧表示。ソウル観光お役立ちサイト

台北のホテルを予約

ユーザーのクチコミを参考に、台湾のホテルをお選びいただけます