ミャンマーへの行き方

2014/08/19

最近、注目を集めているミャンマーは観光、ビジネスで訪れる人が増えています。日本からとても遠い国に感じますが、簡単に行く事ができます。 成田空港からミャンマーのヤンゴンまで直行便が8時間で飛んでいますので、これが一番早く行けます。午前中に成田を発つとヤンゴンには現地時間の16時頃に到着するので、夕食にミャンマー料理を食べることができます。日本とミャンマーの間には時差が2時間30分あり、ミャンマーが遅れています。夕方に着いて、食事をして、少しお酒を飲んで翌日からの観光や仕事に備えることができます。 直行便以外の行き方は、東南アジアの都市を経由してミャンマーに入る方法です。日本からは、タイのバンコク、韓国のソウル、ベトナムのホーチミンを経由して行く方法です。 直行便の場合、帰りはヤンゴンを夜に発ち、成田にヤンゴンを出発した翌日の朝に到着します。 行き方によって航空運賃が違うので、時間がかかっても安く行きたいか、少々高くなっても早く効率的に行きたいかでどのように行くかを決めると良いです。