ミャンマーの通貨・両替について

ミャンマーの通貨はチャット(Kyat)です。紙幣のみで硬貨はありません。補助通貨はピャ(Pya)ですが現在はあまり使われていません。 チャットはミャンマー国外での両替ができない為、ミャンマーに入国してからすることになります。チャットへ替えることができる外国通貨は米ドル、シンガポールドル、ユーロで、日本円からは出来る場所も少数ながらありますが限られているので米ドルを準備して行くと良いでしょう。その際に注意しなければならないことは、100ドル札の新券を用意することです。 折れていたり、汚れている紙幣は受け取らない所がありますし、100ドル以下の紙幣と100ドル札ではレートが違うからです。 両替のできる場所は、空港、街中の銀行と両替所ですが場所を探すのが大変なのでミャンマーに到着したら空港である程度の金額を準備した方が便利です。 10,000円でものすごい数のチャットを手にしますが、空港は適度に高額紙幣を混ぜてくれることが多いので財布の膨らみが最小限に済みます。 クレジットカードが利用できる場所は増えてきていますが、まだ一般的ではありませんし、クレジットカードで支払いをすると手数料を取る所がほとんどです。クレジットカードでキャッシングできるATMもありますが、一回毎の手数料が高く、一回の金額が予め決められているので不便です。 ヤンゴンやマンダレー等の都市部を離れて地方都市に行くと、両替ができる場所が少なくなりますので観光で地方に行く時はチャットを用意しておいた方が良いです。 ホテルや観光地では米ドルで支払える所も多く、外国人は米ドルのみの支払いしか受け取らない所もありますので、米ドル現金は手元に残しておきましょう。米ドルで支払った場合のおつりは、米ドル又はチャットのどちらかです。 日本人はじめ外国人にとってミャンマーのお金の使い方は慣れないうちは苦労するかもしれませんが、紙幣しかありませんし、計算しやすいのですぐ慣れると思います。

ホテル検索サイト一覧

モルディブのホテルを予約

憧れのリゾート・モルディブのホテルをランキングつきでご紹介

ハワイのホテルを予約

長期滞在にお得なコンドミニアムはこちらから。ハワイホテルトリップワサビ

中国のホテルを予約

気になるスタッフ対応もわかる、中国ホテルレビュー