首都ヤンゴンに行く

ヤンゴン2006年までミャンマーの首都として栄えていましたが、首都の座をネーピードーへ2006年に譲った今でもミャンマー最大の都市でもあるため、多くの人が観光やビジネスなどで国内外より多く訪れます。 ミャンマーは日本人にも非常に馴染みのある国ですが、他の東南アジア諸国に比べて観光で訪れる人の数はあまり多くありませんが、最近では観光客の数も増え日本人にも人気上昇中な観光地になってきました。 仏教徒が国民の大半を占める国ということもあり、多くの歴史的に意味を持つ仏像を見ることができますが、旅行をする際には最低限のマナーとして仏教を誹謗するような言動や行為を慎むことが必要です。 同じように仏教徒の多い日本でもあまりない習慣として、子供の頭には神が宿っているという教えがあるためにむやみに子供の頭を撫でてはいけません。 それ以外にもパゴダと呼ばれる寺院に出かける際に気を付けなくてはいけないのが、パゴダ内は土足厳禁になり靴下も脱がなくてはいけません。 また基本的に男女ともあまり肌が露出しない服を着るようにすることも忘れてはいけませんが、寺院などを訪れる時以外特にリゾート内などはあまり気にする必要はないです。 ミャンマーに観光で訪れる人の多くが訪れる場所として、世界三大仏教遺跡の一つでもある馬関遺跡をはじめとした様々な遺跡を見て行く人が多いです。 しかし実際にミャンマーを観光で訪れる際には、外国人の立ち入りを禁じている場所もこの国にはあるために、主要観光地以外の場所へ行く際には事前に政府が発行する許可証を撮る必要があるので、個人で旅行に行くような場合でも現地に精通をした人と一緒に行動をするか、現地でツアーガイドを雇う方が安全です。 また写真撮影なども軍事施設や交通機関などの撮影も制限されているので注意が必要ですが、そう言った規制を差し引いても東南アジアでも有数の綺麗さを誇るビーチが多く、開発されてない手つかずの美しいビーチを堪能することができます。

ホテル検索サイト一覧

マニラのホテルを予約

マニラの両替情報も展開する「満員御礼」のホテル予約サイトはこちら

ヤンゴンのホテルを予約

経済的にも注目のミャンマー。出張時に便利なホテルも探せます。

香港のホテルを予約

ホテルが高額な香港。安宿もしっかりカバーしている「香港満員御礼ホテル」がおすすめ